So-net無料ブログ作成

広島と真珠湾はオバマのレガシィ [社会]

安倍政権はうまいな。といつも思います。

プーチン大統領の訪日が成果もなく終わると、即座に真珠湾を訪問して新しいニュースで上書きしてしまいます。
政権末期のオバマ大統領と会う意味はほとんどないでしょうし、ましてや岸田外務大臣に稲田防衛大臣まで行くような内容ではなかったと思います。が、それをやって、なんとなく重要な外交セレモニーにしてしまっています。
献花の様子など、NHKの朝のニュースで生中継するようなもだったのでしょうか。

結果として、日経調べでは支持率が上昇したそうです。
日本人ちょっと雰囲気に弱すぎ。。。

さて、そのようなわけで、真珠湾訪問に意味があったのか?
日本にとって真珠湾訪問は和解の意味にはならないのかなと思います。対米戦争で言えば、日本は原爆や市街地への無差別爆撃など理不尽に痛めつけられた方です。

真の和解というならそこかと。

真珠湾で献花させたのは、アメリカにとって、何よりオバマ大統領にとって意味があります。
自ら広島に行き、そして日本の首相を自身とともに真珠湾に。

オバマ大統領のレガシィになりました。
めでたし、めでたし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る