So-net無料ブログ作成
検索選択

何を反省するつもりかわからないです。安倍総理、丁寧な説明を。 [社会]

7月2日行われた都議会議員選挙での惨敗を受け、
安倍総理「自民党に対する厳しい叱咤と深刻に受け止め、深く反省しなければいけない」と言われたそうな。

反省とか、丁寧とか、真摯にとか情緒的に言葉を使うのですが、結果としてそれを果たしたことがないのが安倍総理。
さっさと外遊に行って、ニコニコしてるし。

反省すべきなのは、その辺りの実(じつ)のなさなんではないかと思うのです。

今回の惨敗は、驕り高ぶった政権運営に対する嫌気と、この政権に任せても東京都だけでなく、国だって良くならないんじゃねって、都民が感じた結果なんじゃなからろうか。

そうだとすると、結構真面目に反省しないとまずいと思うのですが、
稲田防衛相はあいかわらず呑気で、選挙中の失言は「誤解」の一点張りで逃げ切ろうとするし、災害対応時にどっか出かけるし、誰がどう考えても大丈夫じゃないですよ。

内閣改造でのフェードアウト情報をぽつぽつ出して、罷免的な雰囲気を出し始めているようですが、それでは責任をとった、とらせたことにはなりません。

さすがに安倍政権応援側のメディアからも批判が出てきているところを見ると、政権のメディア戦略もほころんできているのでしょう。
都民が下した審判が、国内全般に広がっているとすれば、内閣改造程度では支持率回復は期待できないところです。

さて、その辺りはいかになるでしょう。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る